一塩基多型(SNP)パネル解析サービス

SNPパネル解析を利用した2つのサービスを提供しています。


  • 遺伝的背景系統の解析

    遺伝子改変マウスの遺伝的背景系統がどの系統なのかを把握することは、遺伝子改変マウスの表現型を正しく解析する上で重要です。 チャールス・リバーが保有するSNPパネルを利用して、お客様の遺伝子改変マウスの遺伝的背景系統がどの系統なのか、さらにはC57BL/6マウスのどの亜系統なのかを解析することができます。

    SNPパネル:

    • Mouse 384 SNP Complete Background Analysis Panel
    • Mouse 128 SNP C57BL/6 Substrain Panel
    • Mouse 129 Substrain Determination Panel
    • Mouse and Rat 32 SNP Genetic Monitoring Panels
    • Mouse, Rat and Zebrafish Whole Genome Microsatellite Panels
    • Custom Fine-Mapping Panels

  • スピードコンジェニック
    (MAX-BAX® / Marker-Assisted Accelerated Backcrossing)

    お客様の遺伝子改変マウスをバッククロスしてコンジェニック系統を作製するのに要する期間を、最短で1/2に短縮します。
    チャールス・リバーが保有するSNPパネルを利用して、バッククロスにより得られた仔動物の遺伝的背景を解析し、より遺伝的背景のコンジェニック化が進んだ個体を選抜して次世代のバッククロスに使用することで、コンジェニック系統の作製を短縮化します。

    Traditional Backcross Speed Backcross
    Generation Recipient
    Genome
    Generation Recipient
    Genome
    F1 50.00% F1 ~50.00%
    N2 75.00% N2 ~80.00%
    N3 87.50% N3 ~94.00%
    N4 93.75% N4 ~99.00%
    N5 96.88% N5 ~100.00%
    N6 98.44%
    N7 99.22%
    N8 99.61%
    N9 99.81%
    N10 99.90%
  • 関連情報

    SNP Analysis

    Genetically defined rodent strains with stable, identifiable phenotypes have played a central role in the advances made in biomedical research. However, experiments designed to study any phenomenon based on complex gene interactions must take into account possible genetic variability in rodent strains, and the effect this may have on the observed phenotype. The use of congenic strains serves to decrease spurious experimental results due to genetic variability, while providing insight into the contribution of background strain on model phenotype. Developed by selection and backcrossing, these strains require periodic genetic characterization to ensure strain/line purity prior to extensive research or breeding programs.