1950年にSprague Dawley Incからチャールス・リバーに導入されました。 1991年に世界各国のチャールス・リバー生産施設の従来CD(SD)コロニーから選抜された親種をもとにIGS Foundationコロニーが形成され、1994年には日本チャールス・リバーへ導入されました。 その後、1997年にFoundationコロニーは、アイソレーター内に移動されました。

IGSとはチャールス・リバーにより開発された動物を生産・維持するプログラムで、International Genetic Standardizationを意味しております。

毛色:Albino
規格:3週齢~、RETIRE、RETIRE, S、PREG、T, PREG、LACT

製品情報一覧へ