1920年にStrong氏 によりBagg albino雌とDBA雄の交配から作出されました。1930年にAndervontに、その後F35でHestonへ導出され、1951年にF57でNIHへ導入されました。1974年にF102でCharles River Laboratories, Inc.(米国)に導入され、IGS生産プログラム化後、2012年に日本チャールス・リバーへ再導入されました。

IGSとはチャールス・リバーにより開発された動物を生産・維持するプログラムで、International Genetic Standardizationを意味しております。

毛色:Agouti
H2:k
規格:3週齢~、RETIRE、RETIRE, S、PREG、LACT

製品情報一覧へ