1921年にC.C.LittleによってMiss Abby Lathropの維持コロニーから見出されました。(本コロニーからはC57BR やC57Lも作出されています。)1937年頃に6ラインと10ラインは別々に管理されるようになりました。1948年にHallからThe Jackson Laboratory に導入され、1951年にはF32でNIHに導入されました。1974年NIHよりCharles River Laboratories, Inc.(米国)に導入され、IGSプログラム化後、2012年に日本チャールス・リバーへ再導入されました。

IGSとはチャールス・リバーにより開発された動物を生産・維持するプログラムで、International Genetic Standardizationを意味しております。

毛色:Black
H2:b
規格:3週齢~、RETIRE、RETIRE, S、PREG、T, PREG、LACT

製品情報一覧へ